FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.03

篆刻の世界 「釈迦十大弟子と奥の細道(蕪村)俳画を刻る」

tenkoku3.jpg
 今日、芭蕉の館で開催されている『高本伯水 篆刻でつづる 悠優展』に行ってきました。会場の「芭蕉の館」は由緒ある古い旅館跡を改装した素敵な多目的スペース。力強い篆刻の作品と相まって、ホント素晴しい空間でした。また、2階には山中漆器の作家さんの貴重な作品も常設展示してありました。

 で、篆刻を見るのは始めての私、それまでは「篆刻ってハンコじゃん」と、その程度の知識しか持っていませんでした。ところが、その表現力と技の奥深さに感嘆の一言。スゲーな~
繊細な線から太い線まで一本の彫刻刀だけで表現するそうです。ホント すげーな~
tennkoku2.jpg
↓今回の超大作「釈迦十大弟子」です。一人一人の表情が太い線で描かれ、特に眼にもの凄い力強さを感じます。ちょうど高本伯水さんがいらしたのでお話を聞いたところ、この作品を完成させるのに8年かかったそうです。やっぱりスゲーな~
bkokuin1.jpg
そんなわけで、この『高本伯水 篆刻でつづる 悠優展』は5月10日まで開催しています。山中温泉散策の途中に立ち寄ってみませんか?
この記事へのトラックバックURL
http://yamanakayukemuri.blog27.fc2.com/tb.php/17-27d4dab8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。